物忘れの改善にサプリメントがおすすめな理由とは?DHA/EPAが脳細胞の活性化を促進します☆

物忘れの改善にサプリがおすすめ☆

 

ついさっき考えたことをすぐに忘れてしまう、顔は思い浮かぶのに名前が出てこないなど、
日常で起こる物忘れ。
なんだかスッキリしないですよね。年なのかしら…と悩みがちですがそうではありません。
脳のエネルギー不足が原因なのです。そんな脳のエネルギーはDHA/EPAです。

 

 

DHA/EPA青魚に多く含まれる栄養素です。
マグロなどの青魚を食べると頭が良くなるなど聞いたことありませんか?
あの一説は間違っていません。
DHA/EPAを取る事により、脳のエネルギーが補われ記憶を蓄積させる機能がアップします。

 

 

物忘れの原因は年齢ではなく脳のエネルギー不足です。
サプリメントによって栄養素を補い脳に栄養を沢山与えましょう。
あなたに合うDHA/EPAをランキングにて見つけて下さい。

>>きなりの詳細を確認する<<

 

物忘れが気になったら早めの対策を!

誰もがちょっとしたことを忘れたりするものですが、それも日常生活のうえであれば当然の事だろうと思っていることでしょう。たまたま忘れただけということもありますが、物忘れも何度も繰り返すようだともしかしたら病気の可能性もありえます。放置しておくとそもそも何を忘れたのかすらも分からなくなってくるほどです。

 

若い年代であれば忘れる事もたまたまだと思えてきますが、50代を過ぎてそろそろ自分も高齢者の仲間入りなのかと思い始めてきたような年代になってきたら、忘れる事ももしかしたら危険な事なのだと思うようにした方がいいでしょう。物忘れの対策と言ってもあまりイメージできないかもしれませんが、原因も幾つか考えられます。

 

生活上のストレスもよくありませんし、加齢に伴って肉体が衰えていくのと同じように脳の機能も衰えていくのです。また、これまで仕事などを頑張ってきて日々頭を使ってきていた人が、退職をするなどしてあまり脳を使わなくなってきたという時にも衰えやすくなり結果的に何かを忘れたりするという事もあるのです。それ以外にも、食生活の乱れや忙しくて寝不足になりがちで睡眠が足りていないというときにも脳の活動が鈍るなどして物忘れが助長されやすくなります。

 

これらの原因を取り除く事も対策の一つとなりますし、脳にいいとされる栄養素を食事やサプリメントで積極的に摂取していくことも重要です。DHAやEPA、アスタキサンチンなど、サプリメントも豊富に出ているので、手に入れやすいものから気軽に始めていくのもおすすめです。

 

また、精神を安定させるといわれているセロトニンを増やす行動をするのもよいでしょう。太陽の光を浴びたり、散歩やウォーキングなどでもこの成分を増やす事ができますから、ストレス対策にもなります。それでも不安な面が残る時には、脳ドックを受診したりするなど、自分自身の体の状態をしっかりと把握する事でも物忘れの対策が出来ます。

 

 

物忘れの改善のために行いたいこと

物忘れの改善のために、意識的に行いたいことですが、いくつかの方法があります。
一つ目の方法として挙げられるのが軽い運動です。
脳は肉体から独立した器官だと思われていますが、実際はそうではありません。物忘れが頻発している方は頭の使いすぎ状態が慢性化している恐れがあり、脳がオーバーワークになっている可能性大です。
オーバーワーク状態を解消するためには肉体を良い意味で疲労させて、心身を休みやすい状態にする事です。
デスクワーク等で頭だけを極端に使うと、体は元気にも関わらず、脳の機能だけが疲弊していき、本人の意識としてはまるで疲れを覚えないのに物忘れやうっかりミスが増加する、という歪な状態になります。
軽い運動をする事で、心身のバランスを調整すれば、脳の疲労を自覚でき、睡眠や食事を通して自力で改善するスイッチが入ります。

 

次の改善方法ですが、ストレス解消の手段を意識的に作る事です。
物忘れと言えば、どこか高齢者だけの問題だと思われがちですが、実際は若者でも発生する問題です。
毎日同じような仕事、同じような働き方を続けていると、脳への刺激が無くなり、物忘れが起きやすい体質に至ります。
予防と改善するためには脳に適度な刺激を与える必要があります。
ストレス解の手段を模索する事が極めて大切であり、具体的には今まで自分が取り組んだ事がない新鮮な出来事を経験する事が重要となります。

 

今まで経験した事が無い趣味に取り組む、まだ自分が出かけた事がない地域へと旅行に向かう、最近オープンしたばかりの新しいショッピングモールに出かける等、些細な事ではありますが、脳に新鮮な刺激を与える事が、言わば頭のストレス解消に繋がり、物忘れの改善に結びつきます。

 

そして最後の改善方法ですが、物忘れ対策用にサプリメントを飲む、といった手段もあります。
脳に適切な栄養素が行き届いていないと、本来のパフォーマンスを発揮出来なくなります。
毎日多忙でしっかりとした食事を摂取出来ていないと感じる方は、サプリメントで物忘れ対策をしましょう。

 

 

物忘れと認知症の違いとは

年を取ってくると、人の名前ややろうとしていたことを忘れてしまうという事がよくあります。しかし、それが加齢による物忘れなのか、それとも認知症の症状なのかを区別出来るでしょうか。
加齢による物忘れと認知症の違いは、出来事をどの程度覚えているのかということです。
例えば、昨日の夜食べた食事について、物忘れが出ている人はそのメニューがぼんやりとして思い出せないと言います。ところが、認知症の場合には食べたという出来事をまるごと忘れてしまうのです。一部でも覚えていれば、自分が忘れてしまったということに気がつくことが出来るのですが、まるごと忘れている状態だと自分で気がつくことは困難になります。そのために、程度にもよりますが物忘れであれば、日常生活を送ることに問題はないのですが、認知症だと事故や事件を引き起こしてしまう恐れが有るのです。

 

さらに詳しく見ていくと、加齢による物忘れが起きているとき脳は老化して脳細胞が減少、外部からの刺激にも反応が鈍くなり、記憶力だけでなく判断力などにも衰えが生じます。ちなみに、年を取っていなくても物忘れが頻発しているというときには、ストレスや睡眠不足により脳の働きが低下している可能性があります。あるいは最近増えてきている若年性健忘症であるかもしれません。

 

一方で認知症の脳にはなにが起きているのかというと、アルツハイマー型認知症であれば脳の神経細胞が破壊されて脳が萎縮してしまっていますし、脳血管性型認知症であれば血栓が脳の血管に詰まって神経細胞が死んでしまっています。つまり、脳そのもの重大な問題が生じてしまっているのです。脳の問題は、徐々に進行していくので、早期に発見・治療をしなければ日常生活に支障を来すだけでなく、生命活動を維持することも困難となるのです。

 

家族がよく忘れ物をするというときに、物忘れか認知症か判断がつかないというのであれば、病院で診察をしてもらうことが最善です。物忘れ外来など専門の科目がある病院ならば、より詳しく検査ができるでしょう。

 

 

物忘れの改善にはDHA・EPAサプリメントを!

最近の日本では、少子高齢化が進み続けている中で、高齢者の数が年々増加しています。さらに高齢者の数は増加し続けて、2025年にピークを迎えると言われています。それからは人口の減少が進んでいき、2050年には日本の総人口が8000万人台まで減少すると予測されています。
このような傾向から、現在では、高齢者の認知症の問題が多く取り上げられています。自分の家がどこにあるのか分からなくなり、街をうろついてしまったり、夜中に家を出て徘徊するなどが始まってしまうのです。また最近では、若年性の認知症というのも見られるようになってきました。例えばスマートフォンやパソコンに頼ってしまい、考えることをしなくなったという傾向や、食べ物から与えられる影響などが考えられます。
認知症までいかなくても、物忘れが多くなってきたということは、良く耳にすることです。それが認知症のはじまりなのか、ただそのときだけ疲れや忙しさから、そのような状態になっているかは分からないので、気になるようでしたら専門の医師に診断してもらうようにしましょう。
物忘れが多くなってきた場合、サプリメントによって改善される場合があります。特に頭に良い成分といえば、DHA・EPAがあります。このDHAは、脳の学習や記憶をつかさどる海馬に多く含まれる、脂肪酸です。しかし、60歳を過ぎた辺りから徐々に減っていくと言われています。そしてEPAは、血流の流れを促進する栄養素で、脳に栄養と酸素を正しく行き渡らせるために不可欠な存在です。
このDHA・EPAの両方を的確に摂取することで、脳の海馬の働きが良くなり、いつまでも若々しい脳を保っていられるようになるのです。
そしてこのDHA・EPAは、体内で合成することがほとんどできないという特徴があるため、外部から補給する必要があります。ただ、現在の食生活や食材に於ける栄養の含有量では、なかなか補いきれないことも事実です。そこで、サプリメントを利用することで、効率的に補うことができるのです。

 

 

物忘れの改善にDHA・EPAが効く仕組み

年々、何かしようと思ったのに何をするのか忘れたり、何かを買いに行ったつもりなのに何を買おうと思ったのかを忘れたりと、自分で物忘れがひどくなったと感じることはありませんか。老化によるものだから、仕方がないと思っている人もいるかもしれません。実は、物忘れを改善する成分があります。それが、DHA・EPAです。これらがどんな役割をしているのかを知っていますか。

 

まずは、DHAです。脳に良いと言われており、サプリメントなどで意識して摂取している人もいるでしょう。DHA脳の中に多く含まれています。脳の学習や記憶をつかさどる海馬には特に多く含まれており、他の部分の2倍くらい多く含まれます。脳の栄養素とも言われているほど、海馬にDHAがたくさんあると頭がよくなると言われています。

 

では、EPAはどのような働きをするのでしょうか。脳の血流を改善してくれます。血栓を作らないようにすることで、血液をサラサラにしてくれるからです。ちなみに、DHAも血液サラサラ効果があります。DHAは、血管や赤血球を柔らかくして血液をサラサラにしてくれます。

 

DHA・EPAの両方を摂取することで、脳の血流がよくなりますし、海馬の働きがよくなるので記憶力の低下を防ぐことができます。60代を過ぎたころからDHAの量が減ってしまいますから、物忘れが多くなったと感じるようになるのでしょう。DHAだけを意識的に摂取しても良いのですが、DHA・EPAの両方を摂取したほうがより効果的です。

 

特に、血中のDHAの濃度が高い人は認知症になりにくいというデータもあります。実験により、即時記憶と集中力が改善されたので、物忘れを改善することができるでしょう。予防のためにDHA・EPAを摂取するのも良いですが、すでに物忘れの症状を感じている人もDHA・EPAを摂取し続ければ改善するかもしれません。食事から摂取しても良いですが、毎日サプリメントを飲んで摂取しても良いでしょう。